【簡単】敷きパッドの伸びきったゴムの弾性を改善する方法

布団・寝具

敷きパッドを長く愛用していると四隅になるゴムの部分が伸びることがあります。

そのようになると敷きパッドが上手く布団に固定することはできなくなってしまいます。

ゴムが伸びる原因は、洗濯などをすることで引き起こります。

ゴムが伸びきってしまった敷きパッドのゴムを改善する方法は、縛る方法が一番手っとり早い方法になります。

縛ってゴムが余る場合には、ハサミでカットすると良いです。

ゴムを縫う方法もおすすめです。

伸びてしまった真ん中の部分をカットして、カットした箇所を重ねて縫うだけで改善させることができます。

ゴムの弾力を改善させたいなら、新しいゴムに付け替える方法がベストになります。

ミジンを用いると簡単に付けることができます。

関連記事

人気の記事

  1. 布団の防ダニ加工アイテムを買う際に抑えておくべき3つのポイント

  2. 布団カバーの洗い方をハウスダスト対策の観点で徹底解説!

  3. マイクロファイバーの掃除クロスの正しい使い方とおすすめ3選!

  4. キッチンの床をピカピカにする方法は?毎日できるやり方をお教えします

  5. お風呂で役立つ便利グッズのおすすめアイテムを紹介【買って損なし】

関連リンク

  • 株式会社ほうねん

    「株式会社ほうねん」の通販サイトを覗いたことがありますか?農業機械や、防獣・防鳥資材、農業資材、運搬・収穫台車、肥料、農薬など幅広く取り扱っており、すでに農業を営んでいる方や、これから始めたい方の強い味方です!ぜひチェックしてみてください。

    hounen-online.jp/

TOP