水切りカゴを使いやすさ・錆びにくさの観点で比較してみた!

キッチン

キッチンに置く水切りカゴは水アカが溜まりやすく、キッチン掃除の手間にもなっています。

ですが水切りカゴと一口に言ってもどのような素材を使用するかでキッチン掃除の手間は変わってきます。

使い心地を比較しましたので、ご参考にしてください。

まずプラスチックタイプの水切りカゴは、小さなものであれば100円ショップでも購入が可能です。

ただしプラスチックタイプであるため、劣化しやすいので「使い捨てと割り切って使う」方にはおすすめですが、付着したぬめり汚れは落としにくいという欠点もあります。

シンクが広い場合であれば、シンク内に設置できるステンレスタイプの水切りカゴがおすすめです。

水滴がシンクに直接落ちるので受け皿が必要なく、手間を省けるので大きなメリットがあります。

関連記事

人気の記事

  1. 布団の防ダニ加工アイテムを買う際に抑えておくべき3つのポイント

  2. 布団カバーの洗い方をハウスダスト対策の観点で徹底解説!

  3. マイクロファイバーの掃除クロスの正しい使い方とおすすめ3選!

  4. キッチンの床をピカピカにする方法は?毎日できるやり方をお教えします

  5. お風呂で役立つ便利グッズのおすすめアイテムを紹介【買って損なし】

関連リンク

  • 1人暮らし 家電

    おしゃれな家電で揃えたい!そう思っている方はぜひチェックしてみてください。アンドデコの家電は、シンプルで使いやすい、機能は充実、見た目もかわいい。家電が揃っています。価格もお手頃なので1人暮らしを始めるときにもピッタリです!

    and-deco.com/

TOP