枕にダニ退治が必要なワケと対策アイテム選びのチェックポイント

布団・寝具

冬場はダニが発生しないと思っているかもしれませんが、実際にはその考えは間違っています。

寝具、特に枕は汚れや湿気が溜まりやすいので、冬場でも放っておくとダニが繁殖しやすく、ダニ退治が必要なのです。

ダニは気温が22度から28度、湿度60%以上の環境を好むため、頭で蒸れやすい枕は絶好の繁殖地なのです。

ダニ退治の方法としては、洗える素材であれば枕を洗うのが一番です。

また、ダニは約5度以上のお湯で死滅し始めるので、枕をお湯につけるのも効果的です。

洗えない素材の枕であれば、クリーナーや掃除機などを使用して、枕についたダニの死骸を除去しましょう。

対策は家にある掃除機で簡単にできますが、温風の力でダニ退治が行える布団クリーナーのもあるため、特に冬場はクリーナーを使うと効果的にお掃除可能です。

関連記事

TOP