快眠を導く敷布団の選び方の3つのポイントをお教えします

お役立ち

快眠できる敷布団を選ぶには、まず寝返りが打ちやすい硬さの敷布団を選ぶ必要があります。

寝ている間に人は何度も寝返りを行いますが、体にかかる負担を分散させるために行うものです。

寝返りがうちづらいと特定の部位に負荷がかかり、血流も悪くなります。

快眠のためには、適度に反発力のある敷布団を選ぶようにしましょう。

次に通気性が良い素材を使用していることも重要です。

寝ている間に人はコップ一杯分の汗をかくと言われているので、通気性が悪いと湿気がこもってしまいます。

そして、背骨のS字カーブが保てるような敷布団を選ぶこともポイントです。

体が沈み込んでしまうとS字のカーブが崩れ、肩こりや腰痛の原因になってしまいます。

そのため仰向けになった時に、凹凸加工で正しい寝姿勢を保てるものを選ぶのがおすすめです。

関連記事

TOP